バス 阪急 バス 阪急

: 大阪市内第一次乗り入れ( - 間)• 2月1日: 空港線、阪北線にて開始• 上記および公式サイトの「」も参照のこと。 豊中ロマンチック街道オフィシャルサイト• : 大阪市内第二次乗り入れ()、京都市内乗り入れ()。

8
の広い範囲に路線網を持ち、その総距離は加盟社局の管轄エリア全体の2割に相当する(2005年現在)。 老人介護サービス• 特に乗務員については一般乗客に対してモニターを募集し、接客態度などの改善を進めているが、 (大阪万博時に入社した乗務員の大量退職によって)乗務員を大量に採用したために、特に阪急田園バス委託支社では委託当初に比べて質が低下したなどと言われ続けている [ ]。
バス 阪急 バス 阪急

担当は茨木営業所。 券面に記載されている運賃以内の区間であれば、もできる(該当する路線以外でも乗車可能)。 3月1日より、阪神バスとの回数カードの額面共通化が行われ、両社共通カードの発売が開始された。

: 承継した日の出バスのバス事業をへ営業譲渡認可• 2,000円と5,000円のカードは車内でも販売され、2,000円のものに限ってはでも利用できた。
バス 阪急 バス 阪急

車両は高速バスのものが使用された。

公営事業者が民営事業者に委託するのは全国初)• 福知山線(JR宝塚線)沿線• 2月1日: を導入(清和台・管内、以降順次導入)• 利用客低迷のため、深夜(31日未明)発便を最後に全便廃止となった。 この他、(一部)まではスルッとKANSAIの各種カードや、阪急阪神バス共通カードも利用できた(いずれも、は提示で引き続き利用可能)。
バス 阪急 バス 阪急

。 市場情報 非上場 本社所在地 〒561-8561 庄内西町五丁目1番24号 : 本店所在地 〒563-0023 大阪府井口堂一丁目9番21号 設立 (昭和2年) 事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業 一般貸切旅客自動車運送事業 など 代表者 井波 洋 資本金 1億円 売上高 226億7100万円(2019年03月31日時点) 営業利益 4億2100万円(2019年03月31日時点) 経常利益 5億6200万円(2019年03月31日時点) 純利益 5億0400万円(2019年03月31日時点) 純資産 135億7000万円(2019年03月31日時点) 総資産 213億4600万円(2019年03月31日時点) 従業員数 1,540人(2017年3月31日現在) 所有者 阪急阪神ホールディングス株式会社 主要株主 阪急電鉄株式会社 主要子会社 を参照 外部リンク 目次• 特記しない限り、全ての一般路線で利用可能。 福知山線(JR宝塚線)沿線• : 豊中病院線において、燃料を活用したを1両導入• 大阪府下では初。

乗車券 [ ] 阪急バス独自で発行している乗車券には、主に以下のものが挙げられる。 LED方式を導入している車両において、これまでは乗降中表示機を用いてきたが、後面の行先表示機で行先と「乗降中」を交互表示する方式に変更された。
バス 阪急 バス 阪急

hanicaスクールパスは利用期間が決まっていますが、通学定期券の表示運賃区間内であれば、他の路線でも乗ることができる券です。 運行ルートは、2002年11月5日の改正で一部変更されている。

17
主な沿革 [ ]• 消防局から感謝状 [ ]• この運転士は他にも、回送の途中でをしたり、をしたりしていたことも明らかになっている。 また、2008年12月より、自社社員食堂やのレストランから排出される食用油廃油を処理したBDFを使用する試みが行われている [ ]。
バス 阪急 バス 阪急

茨木・高槻線• かつては各路線とも毎平日の深夜に1本の運行であったが、2017年4月1日より毎週金曜日と祝日の前日に当たる平日のみの運行と大幅に減便され、茨木・高槻線については前述のとおり運行が休止された。

8
停留所設備 [ ] 現在、阪急バスが 自ら発注・設置している停留所標柱は全ての製造である。
バス 阪急 バス 阪急

阪急バスの営業所を検索するには 阪急バスの営業所はホームページから確認することができます。 本格的夜行高速バスの導入• : 第一次流動調査全線実施• 同システムを利用した「阪急バスフラッシュボード」の設置(前停留所)。

: 貸切輸送開始( - 豊中各学舎間)• 阪急神戸線沿線• 1980年代以降いすゞ車は急勾配を抱える路線を持つ・・などに高出力車が配属されるのが一般的(までは、三菱ふそう製の高出力車が多く使われた)だったが、排ガス規制と経年劣化により台数は減りつつある。
バス 阪急 バス 阪急

阪急神戸線沿線• また、やとの三社間のみで利用できる『』を導入している。 東海道・山陽本線(JR神戸線)沿線• 地区においては、長年、から上へ向かう路線とからに向かう路線の2路線を中心に運行してきたが、に路線の大部分が加わり、神戸市南部もメインエリアになり、さらににが閉所になり同営業所が担当していた路線のうち68と69系統を除く路線(68と69系統は神姫バスが運行)を引き継いだため有野地区も営業エリアになった。 その他 [ ] 労働問題 [ ]• : 当社初の路線(大阪 - 新見線)運行開始• : 新型製標柱を順次導入開始• 阪急伊丹線沿線• : 豊能町公共施設巡回バス運行開始• : 摂津遊覧自動車株式会社として設立。

3
議論はを参照してください。 これは路線環境の関係で標準尺車の運用が難しいからで、そのせいもあってこれらの営業所では未だに車齢が15年を越えた経年車がいたが、現在は・等の営業所にも新車を導入することもあり、廃車については営業所に関係なく車齢が14~16年で行われている。