そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

私はその顔を見た瞬間、どう云うわけか知りませんけれど、ゾッとしましたよ、ホームズさん。

4
前の大きな鏡に映る蒼黒い、頬のこけた、眼の落凹んだ自分の顔を、他人のものかのように放心した気持で見遣りながら、彼は延びた頭髪を左の手に撫であげ/\、右の手に盃を動かしていた。 そこで、もう再びそこへは行かないと云う約束をすることになった。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

その時も、自分はこうしてナルトの隣で笑っていられるだろうか? 笑っていられたらいい。 かしこには、文をだにと、いとほしく思し出でて、夕つ方ぞありける。 〔源氏〕「 ただ梅の花の色のごと、三笠の山の (自筆本奥入14・奥入04)をとめをば捨てて」 と、歌ひすさびて出でたまひぬるを、命婦は「いとをかし」と思ふ。

1
鑵の凹みは、Yが特に、毎朝振り慣れた 鉄唖鈴 ( てつあれい )で以て、 左りぎっちょの逞しい腕に力をこめて、Kの口調で云うと、「えゝ憎き奴め!」とばかり、殴りつけて寄越したのだそうであった。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

殊にYなんかというあゝ云った所謂道徳家から見ては、単に悪病患者視してるに堪えないんだね。 そこの主人も 主婦 ( かみ )さんも彼の顔は知っていた。 のたまひしもしるく、十六夜の月をかしきほどにおはしたり。

8
実は、すれ違いざまにわざと壊れたサングラスを落として、ゆすりをかけるという陳腐な手なのだが、純真な女生徒はまんまと罠にはまっていた。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

私はたとえ、一瞬間でも彼女を捨てよう等と夢想したこともありませんでしたわ。 涼太のこういう真っ直ぐなところは、純粋に愛しいと思う。

「私だけのそばでなら泣いて良いよ?でも他の人は嫌なの…約束してね。 そこで、……オイコラオイコラで引張って来るんだがね、それがもうほとんど百発百中だった」 「……フム、そうかな。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

Kは彼の顔を見るなり、鋭い眼に皮肉な微笑を浮べて、 「君の処へも山本山が行ったろうね?」と訊いた。 訪ねて来たと云う男がイライラしていたと云うことから推察しても、重大な事らしいね。

16
けしき、をかしと思したり。 これはようやく5人の、5人だけのSexy Zoneとして再出発した彼らの、喜びと、そして『5人の絆は本物だから、何があってもついてきてください』という、ファンへの思いそのものだったとおもいます。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

さりとも消えじ」と、ねび人どもは定むる。

2
彼女は私達が入って行った刹那顔を向うにむけてしまった。 ナルトは何故だか…四代目火影に面差しが似ている。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

広間の周囲には材料室とか監督官室とかいう札をかけた幾つかの小間があった。 したり顔にて、もとのことを思ひ放ちたらむけしきこそ、憂はしかるべけれ」と思して、命婦をまめやかに語らひたまふ。 かく世にめづらしき御けはひの、漏りにほひくるをば、なま女ばらなども笑み曲げて、「なほ聞こえたまへ」と、そそのかしたてまつれど、あさましうものづつみしたまふ心にて、ひたぶるに見も入れたまはぬなりけり。

14
それが昨日の事なんです。 」 真っ直ぐにヒナタを見つめる空色のナルトの瞳は、先を見据えている。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

何ばかり深き手ならねど、ものの音がらの筋ことなるものなれば、聞きにくくも思されず。

」 「デートだって。
そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出 そう し な 泣き た 顔 確か 君 た て に は てい っ 出

彼は話題を他へ持って行くほかなかった。

9
「誰れならむ。