テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

【1980年代】• 「鍵」• 「アウトレイジ ビヨンド」• アカデミー賞で、私は『オスカーには、私の衣裳は必要ありませんね』とスピーチさせていただきました。

16
2020年以降は移転を予定して、コチラの「」で追加・更新中です。
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「わが愛の譜 滝廉太郎物語」• 「さらば箱舟」• 「コミック雑誌なんかいらない!」• 「浪花女」• 8 4 『ブルージーンズメモリー BLUE JEANS MEMORY』(12. 「鏡の女たち」• いやぁ、これも入れたかったんだけど観たのがだいぶ遅かったからさぁ」 「ご遠慮しておきます。

15
しかし、熱心な映画ファンからは大好評を博し、その年のキネマ旬報の読者投票で1位に選ばれた。 5億円)・『マルサの女2』(13億円)・『』(10億円)・『』(15. 「若い人」• 「ウォーターボーイズ」• 「三文役者」• 「かもめ食堂」• 「水のないプール」• 「笑う蛙」• それにしても、相米慎二、森田芳光、伊丹十三が故人となった今、宮崎駿が今も新作製作中というのは喜ぶべきことだね」 「いやぁ、 山田洋次もクリント・イーストウッドも健在ですよ」 「たはっ、そうでした。
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

また、少女でも、少年でもなく、あるいはその両方を備える若い精神と肉体を持った彫像であるのは、いつまでも役や作品に対し、真摯であり続ける映画人の取り組みを表現したためです。 「海軍特別年少兵」• 2014年10月27日閲覧。

「仇討」• 「村の花嫁」• 貧乏な老武士の意地(サムライ精神)を描くとともに、 富を握る権力者の虚飾を痛烈に批判した。 「雪に願うこと」• 「怪談」• ホウ・シャオシェンは、90年のベストで選ばれた2作が消え、代わりに『非情城市』が堂々3位にランクインしている。
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

敗戦直後の混乱した東京が描かれている。 「夜の鼓」• 「岸和田少年愚連隊」• 私にとって80年代はゼメキスの時代です。

6
「母と暮せば」• ただし、近年は1位作品と個人賞のみの発表で、2位以下のベストテン内容は報道規制されている。 紅いコーリャン(1989) (キネマ旬報1990年8月下旬号より) 「へぇ、1位は『E. 「にあんちゃん」• 「何が彼女を殺したか」• からは2月下旬号にキネ旬ベスト・テン、3月下旬号(3月5日発売)に映画業界の総決算の2分冊となった。
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

受賞者の方の発想力、技術力、表現力を以て完全にしてほしいという思いから、頭と手の部分がないデザインとなっている。

3
「怪異談 生きてゐる小平次」 1981 「 泥の河」• 「転落」• 「湯を沸かすほどの熱い愛」• 「サマーウォーズ」• 【読者選出監督賞】是枝裕和(「万引き家族」)• 「ウルトラミラクルラブストーリー」• 「破戒」• 「紅の豚」• 5 「 仁義なき戦い」 (1973年) 深作欣二監督。
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「東京物語」• 山中監督の現存している3作品のうちの1つ。

「手をつなぐ子等」• 「博多っ子純情」 1977 「 幸福の黄色いハンカチ」• 「ふるさと」 1982 「 蒲田行進曲」•。 「東京オリンピック」• 「新版大岡政談」• 「祇園囃子」• 「希望の国」• 「阿弥陀堂だより」• 「カナリア」• 以下は、日本映画の作品賞とベストテンです。
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

出典 [ ] 2014年10月31日閲覧。

10
「裸の町」• 「華麗なる一族」• ただ、ジョン・ランディスやジョン・カーペンターに悪いな、と思って」 「80年代はもっとも多感な時期を過ごした時代だけど、はっきり言って 不愉快な時代だったよ。