文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

アルコール (飲酒) 本剤服用中は、飲酒を避けることが望ましい。

2
(40歳代病院勤務医、緩和ケア科)• ワルファリン ワルファリンの作用が増強されるおそれがある。
文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

若年成人• (慎重投与) 1.躁うつ病患者[躁転、自殺企図が現れることがある]。

13
また、横紋筋融解症による急性腎障害の発症に注意する。
文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

3.強迫性障害:1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口投与する• 3参照〕。 ジェイゾロフトは副作用が少ないと言いつつ、セロトニン症候群を経験したことがあり敬遠している。

10
妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ本剤の投与を開始する。
文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

併用禁忌:• タモキシフェン タモキシフェンの作用が減弱されるおそれがある。

4倍増加したことが報告されている ]。
文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

パロキセチン塩酸塩製剤とペルフェナジンとの併用により、ペルフェナジンの血中濃度が約6倍増加したことが報告されている。 3).消化器:嘔気、便秘、食欲不振、腹痛、口渇、嘔吐、下痢、消化不良。 (50歳代病院勤務医、循環器内科)• また、横紋筋融解症による急性腎障害の発症に注意すること。

12
・パキシルは5mgと少ない用量の製剤があるので使いやすい。 なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する• アナフィラキシー:アナフィラキシー 発疹、血管浮腫、呼吸困難等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

2.パニック障害:1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口投与する。 症状の多くは投与中止後数日以内にあらわれ、軽症から中等症であり、2週間程で軽快するが、患者によっては重症であったり、また、回復までに2、3ヵ月以上かかる場合もある。

6
従って、双極性障害を適切に鑑別する。
文書 パロキセチン 添付 文書 パロキセチン 添付

主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤及び三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を投与された患者で、骨折のリスクが上昇したとの報告がある。

12
・ 減量後又は投与中止後に耐えられない症状が発現した場合には、減量又は中止前の用量にて投与を再開し、より緩やかに減量することを検討すること。 脳内の 神経伝達物質( セロトニン)の量を増やすことにより、ゆううつな気持ちや落ち込んでいる気分をやわらげる働きがあります。