意味 奪還 意味 奪還

しかし、北アフリカとの二正面で作戦していた前回と違い、後ウマイヤ軍は戦力を集中させていた。 つまるところ、カスティーリャ王国とは、1人の王の下に統一された王国ではなく、諸国家の連合体にすぎなかった。

アル・アンダルスには、旧タイファ諸国の復活を望む王族や遺臣が多数存在していたため、アルフォンソは彼らを援助し、次々とムラービト朝に対して反旗を翻させた。
意味 奪還 意味 奪還

第三回十字軍とは講和を設立させた サラディンがエルサレムをイスラム教徒の手に戻した後、キリスト教徒たちには再度エルサレム回復を目指して「第三回十字軍」が結成しました。 これによって、ムワッヒド朝のイベリア半島における軍事力は大きく減退した。 - アストゥリアス王国がレオンに遷都し、が成立• そのほかの意味には 変化したものが元の状態に戻る、 手放したものが戻ってくる、 相手の反応が戻ってくるといった意味があり、共通していることは 元に戻るという意味合いが含まれていることです。

11
- サンチョ・ガルセス3世が亡くなり、遺領が分割相続される。
意味 奪還 意味 奪還

イベリア半島の状勢はムワッヒド朝に有利に傾き、キリスト教勢力は危機感を抱いた。 、セビリア、グラナダ、バダホスのタイファ諸国は、急速に勢力を拡大するアルフォンソ6世に対抗するため、揃ってムラービト朝に支援を要請した。 「カラット=サラーフ=アッディーン」は、古くは、フェニキア時代に作られた城塞で、修復を経て十字軍が拠点としていたようです。

12
ただし、アッバース朝のカリフに対する配慮から「コルドバの」を称した。
意味 奪還 意味 奪還

しかし、カスティーリャは次第に独立色を強めていき、やがてレオン王国を乗っ取ろうとするようになった。

18
ムラービト朝の転覆までアルフォンソ7世の支援に頼っていたムスリム勢力も、一部を除いて早々にムワッヒド朝の支配下に入った。
意味 奪還 意味 奪還

ムワッヒド朝の衰退とイベリア南部の征服 [ ] ラス・ナバス・デ・トロサの敗戦の後、ムワッヒド朝はゆるやかに衰退を始めた。 - フランク王国がからへ交替• jp)まで。 つまり、この時点でナスル朝と本気で対峙していたのはだけだった。

18
ムワッヒド朝が滅亡• これらが原因となり、間もなくムワッヒド朝はイベリアにおける支配力を喪失し、群小国が林立するようになった。 この頃、でが興り、その指導者はを自称していた。
意味 奪還 意味 奪還

カスティーリャとアラゴンは征服地の分割に関する協定()を結び、それぞれの分け前を受け取った。 ポルトガルはさらにと協同し、を攻撃、までにこれを制圧し、獲得した諸島は両国で分割された。

10
カスティーリャの内乱とスペイン王国の誕生 [ ] 1474年、イサベル1世が即位した当時のイベリア半島の状況 に即位したが、王権の強化を狙って継承権を持つ親族の排除を開始したため、カスティーリャは内乱()に突入した。 、でムラービト軍に勝利したアフォンソは、これを機に独立を宣言し、自らはと称した。