表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

- 間開業。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 平日朝7:30 - 9:00に北千住駅に到着する上り区間急行の進行方向最後尾車両(実施区間は南栗橋 - 北千住間)• ただし、この当時のダイヤは、区間快速がこの区間の各駅に停車していたため、この区間で各駅に停車する列車は最低毎時2本は確保されていた。 (平成15年) (現・)経由で - 南栗橋駅間直通(現:急行・準急)運行開始。

4
同日の改正で設定がなくなったことで、日比谷線非直通の普通列車がなくなった。 このスタイルの時刻表は本号も含めて3号が発行されたそうです。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

(臨時特急「スカイツリートレイン」用)• [発行元]東武鉄道株式会社鉄道事業本部旅客サービス課• 宿:新宿• [特け]日 3• 東武時刻表 創刊号• [普通] 栗• (逆に伊勢崎~館林は直通する電車が増える。 (北千住駅方面 - )東武動物公園駅 - 南栗橋駅間 全ての列車がよりに直通し、止まりの上り1本を除き、 - 南栗橋駅で運行されている。 42 15• 59 17• [特リ]新 3• [定価]270円(税込み) 「りょうもう号」が急行から特急に昇格、スペーシアの春日部駅停車が実現した、1999年3月16日の伊勢崎線系統のダイヤ改正の時刻を収録しています。

16
(半蔵門線・田園都市線直通対応)• 46 11• なお、「たびじ」や不定期特急の掲載は続いています。 58 10• 東武動物公園駅 - 南栗橋駅間、栃木駅 - 新鹿沼駅間、下今市駅 - 東武日光駅間で運転再開。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

(同上)• 年表 [ ] この節には、過剰にが含まれているおそれがあります。 [普通] 栗• [リけ] 浅• 下今市駅・・で編成のが行われていた。

5
下今市駅と新藤原駅での車両切り離し、連結作業は廃止もしくは大幅に回数が減る可能性が高そうだ。 朝夕ラッシュ時に運転されていた準急は区間急行に種別変更されて残されたが、のダイヤ改正で早朝と深夜の1便を除いて系統分割された。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

また - 下今市駅間の()との交差箇所には東武の地上線で唯一のがある(全長40m)。

8
時刻表おもしろ表示・・・「運転日は駅係員にお尋ね下さい」 日光線系統は不定期列車が多く、時刻表にも特急や快速「たびじ」などが掲載されていましたが、いつ運転されているかは時刻表発行時点で決まっていないため、上のような注意書きが書かれていました。 懐かしの種別・・・「通勤快速」 「快速」と「準急」の合いの子のような停車駅で、朝夕に浅草~伊勢崎間と浅草~東武日光・東武宇都宮間各1往復ずつ運転されていました。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

(昭和48年) 合戦場駅 - 新鹿沼駅間が複線に復旧。 東武時刻表 平成18年3月18日改正号• 1979~1980年「東武時刻表」、東武鉄道監修・東武新聞社編集発行(創刊号~第3号) B5判 号数 発行年月日 内容など 1979-6 東武日光線開通50周年記念 1979-11-8 1979-10-31伊勢崎線ダイヤ改正、1979-11-8東上線ダイヤ改正 1980-8-5 1980-8-5伊勢崎線・日光線ダイヤ改正 *1 創刊号提供:宮野 和夫さん 1979年~1980年にかけて立て続けに3号まで発行された東武鉄道監修・東武新聞社発行の時刻表です。

12
[特リ]新 32• 同年10月9日に、鬼怒川線の終着駅である新藤原と、国鉄会津線の終着駅である会津高原との間に野岩鉄道が開通、浅草から直通の快速列車の運転が開始されました。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

[普通] 栗• 49 8• 特急「スペーシア」のスピードアップで浅草・日光間の所要時間が100分の壁を切り103分から98分に短縮されましたが、折角の豪華車両で過ごす時間が短くなるのは惜しい気もします。

11
2013年3月16日のダイヤ改正により大多数の列車が南栗橋駅 - 新栃木駅間で4両編成での往復運転となった。 逆に言えばそれくらい観光特急中心とした輸送体制が組まれている。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

南栗橋駅 - 新栃木駅間の普通列車がすべて4両編成に短縮。 電化区間:全線(直流1500V)• [特リ]日 9• [発行元]東武鉄道株式会社鉄道事業本部営業部旅客サービス課• 東北地方太平洋沖地震による発電所の停止に伴う電力供給逼迫のため、が(計画停電)を実施。 [特け]新 15• 日光線[普通]……3本• 南栗橋駅 - 東武宇都宮駅間直通列車を増発。

6
[特き]温 12• [普通] 栗• [発行元]無記載(おそらく東武鉄道)• 50 17• 準急は急行が運行されていない時間帯および朝ラッシュ時の上りに運行されている。 詳細は各列車記事をそれぞれ参照のこと。
表 光線 時刻 東武 日 表 光線 時刻 東武 日

[普通] 栗• 55 16• [特リ]日 14• むしろ下り電車は特急りょうもう号のダイヤ修正に伴い、さらに発車時間が5~6分のびることとなる。 [区急] 栗• 2017年4月21日ダイヤ改正で運行区間・時間帯を縮小のうえ、南栗橋駅発東武日光駅行きの急行に置き換えられた。 新 10• 50 19• [けご] 浅• 特集は日光線開通60周年で、巻頭カラーを35ページも使って浅草・日光・日光線特急の今昔を紹介します。

11
本文では会津鉄道の時刻を削除したほか、創刊時からの伝統である車両数(編成両数)の掲載がなくなりました。