週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

しっかり動くことで空腹になり、美味しく食べられるので、活発な活動を毎日取り入れる。 地域と家庭との連携• 身の回りのことを自分でやってみて、できない所は保育士にやってと訴える。 紙いっぱいに好きな色を使って絵を描いたり、色を塗ったりして製作を楽しむ。

【参考】 まずは、現在の子どもの姿を把握することから始めましょう。
週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

安全に水遊びができるよう、気温や水温をこまめにチェックして活動を行う。 知的好奇心の始まりにより、探索活動に夢中になり、子どもの活動範囲はさらに広がります。 環境構成と援助 養護(生活)• 環境構成と援助 養護(生活)• また、内容に関する関わりも必要です。

8
保育指導案にも、 社会性の発達をサポートできるような内容を取り入れると良いでしょう。
週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

卒園までの残り3ヶ月間の過ごし方をおたよりなどで共有し、進学にあたっての心配や不安があれば相談してもらうように声をかける。 日々の保育を丁寧に観察する 年間指導計画(指導案)の場合は、現在の様子から子どもの1年後の姿を予測し、日々の保育の中で育ってもらいたい部分をねらいとします。

10
一方、おもちゃの取り合いなどでトラブルが増える時期でもあります。
週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

前の週の子どもの様子を踏まえて作成しましょう。

6
このように、こうなるであろうという子どもの行動を予測して、目指す姿(ねらい)に近づいていけるよう保育者が働きかけることが必要となってきます。
週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

自分の好きなことや興味のあることを探求しようとする 【月案・週案】• 流行りやすい感染症についてお手紙を出したり掲示板に掲示したりし、対処法や予防について知らせていく。 身の回りの物や生き物の名称や、他児の名前などを覚える。 指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。

11
例えば「身体の諸感覚の経験を豊かにし、様々な感覚を味わう」をもとにした日案のねらいは「指先や手のひらを使って、小麦粉粘土の感触を味わう」や「歌や写真をもとにイメージを膨らまし、体を使って表現することを楽しむ」などです。 そんな時には、保育所保育指針や過去の指導案を参考にして作成すると良いでしょう。
週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

喉が乾く感覚が分かり、水分補給時にしっかりと水やお茶を飲む。

12
【長期案】• (環境)• 保育指導案の作成を担当する際は一度目を通しておくと良いでしょう。
週 案 歳児 1 週 案 歳児 1

そうした時に、保育日誌と週案が同じ用紙に記載されていると、次の日以降の展開を予想した上で、新たに目標やねらいを設定したり、子どもたちが求めている内容により近い案が立てられるなど、保育の活動が円滑に進んでいく効果的な手法だと言えます。 感染症が流行りやすく、寒暖差によって体調不良も起こしやすい時期になってくるため、一人ひとりの普段の様子の観察や変化を見落とさないように気をつけていく。 例えば、保育園では、春になると新しい友達と出会い、夏には暑い日々の中でプール遊びやお祭り、秋は食物の収穫や運動会を経験することになります。

20
トラブルが起きた時にも自分で判断し、解決しようとする 【月案・週案】• 戸外で滑り台やアスレチックなどで体を動かして遊び、登る、滑る、ぶら下がる、飛び降りるなど、いろいろな動きを経験する。 保育士が子どものつもりの世界に入って言葉のやりとりを楽しんだり、先導して大きなかぶのようにみんなで同じ動きの遊びを仕掛けていき、人と楽しく関わる経験を積む。