の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

自分の中では大事な気持ちなんだけど、それが先立っちゃうと音楽から遠ざかってしまうようなときもあったりして。

3
破れた地図の先を記し始めた 海の真ん中 正解なんて無いね 分かっていても痛むもの ねぇ、多くを望んでる? いるわけじゃない ただ無くせないもの一つ守るために 新しい扉の先 船は進んでく 航海の唄 作詞 さユり ただ無くすことなどできない、信じたものを守るために。
の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

これまでよりもさらに多くの耳に届くポテンシャルを秘めた楽曲と言って間違いないと思うが、それでいて、これまでの彼女の音楽性や歩んできたストーリーから切り離されたものでは全くない。

3
活動していくうちに、人に何かをもたらすものを作りたいという気持ちが大きくなったんです。
の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

岐路に立ち、どちらに進むべきかもわからない。

9
出航前夜といったところでしょう。
の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

すごく色々と探したり考えたりする期間でした。 『僕のヒーローアカデミア』にも通じるメッセージ、表現であると同時に、さん自身の今を歌っている曲に感じられました。

『ミカヅキの航海』っていう作品がまずあって、それは「ここから航海していく」っていう気持ちでつけたタイトルですけど、(「航海の唄」の)できた歌詞をみて、それを曲単位で表している曲だなっていうことに気づいて。 「寄る辺も無くひとりで」。
の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

実際の商品の音質とは異なります。 『航海の唄』は、まるで過去にすがる自分を断ち切るような強い決心が表れた歌詞と共に幕を開けます。

芯が強くなったと言ってもらえたのは良かった、そういう作品になって良かったと……いま噛み締めております(笑)。 ここではその歌詞に注目して、楽曲の魅力を紐解いていければと思います! 歌詞解釈 1番 手にしたい光がある君は今 寄る辺も無くひとりで岐路に立つ もう後戻りできぬように、と今 横切る不安を殺して帰路を断つ 航海の唄 作詞 さユり 孤独なままひとり分かれ道に立ち、後戻りできぬよう帰り道を絶つ。
の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

そんな彼女が、この楽曲では勢い良く走り出しました。 それは時に辛く、大きな決断力を必要とします。 詳しくは をご確認ください。

18
でも、向き合っている最中にできた曲だから、現在地を示す答えになった感覚はあって、答えみたいなものは、ここにこもっているなとは客観的に思いました。
の 唄 歌詞 航海 の 唄 歌詞 航海

うん、曲を作るときいつもそこで立ち止まりますね。 切り替えられた感覚はないけど、でもやっぱりそういうときに標べになってくれたのは結局、曲ができたっていうことでした。 "君"に「今から探しにいこう」と呼びかける、ずっと前向きな彼女が歌っているのです。

もしかしたら、今までは自分の中から出てきた吐き出したいものを形にするツールが音楽だった。