議員 衆議院 議員 衆議院

衆議院議員総選挙の沿革 [ ] (明治22年) とともに(明治22年法律第37号)公布。

14
ごあいさつ 新型コロナウイルスが猛威をふるい、世界が未曾有の危機に直面する今。
議員 衆議院 議員 衆議院

、名古屋市議会議員を任期途中で辞職しに無所属で立候補し落選。 の創設。

12
詳細は「」を参照 役職 氏名 前職 事務総長 岡田憲治 衆議院事務次長 委員会 [ ] 衆議院常任委員会 [ ] 衆議院常任委員会:2020年(令和2年)10月26日時点 委員会 員数 所管 委員長 委員長の所属会派 40 の所管に属する事項(安全保障会議の所管に属する事項を除く。 議員定数・選挙区・投票の方法など、衆議院議員総選挙に関する事項は、法律(公職選挙法等)によって定められる(2項・)。
議員 衆議院 議員 衆議院

手続を省略する場合がほとんどである。 後、大選挙区制が採用された1945年(昭和20年)12月の選挙法改正で468人とされたが、うち2人を占める沖縄県はに置かれて、(昭和47年)のでするまで、日本の選挙法が施行されなかったので、(昭和21年)4月の戦後第1回総選挙(現行憲法下での初の衆議院選挙、)は沖縄を除く466人について実施され、新憲法下に継承された(も参照)。 18につき、最高裁が憲法の選挙権の平等の要求に反する程度に至っていたと判断(最大判平5・1・20民集47巻1号67頁)。

4
1928年(昭和3年)2月20日執行のから(昭和17年)4月30日執行のまでの総選挙がこの選挙法によって行われた。
議員 衆議院 議員 衆議院

の各については、を参照のこと。 より忠実に民意を反映できると解されていることから、参議院に対して優越的地位が認められている()。

逆に国会議員を退いてから地方自治体の首長になることも少なくはないが、地方議会の議員になることも珍しくない。
議員 衆議院 議員 衆議院

(昭和3年) 改正衆議院議員選挙法(1925年)の下での総選挙(第16回衆議院議員総選挙)。 。

17
以下同じ。
議員 衆議院 議員 衆議院

(明治33年) 衆議院議員選挙法改正。 衆議院議員の任期は4年だが、が行われた場合には、任期満了前に一斉に失職する。 - ・2014年11月22日付け《2017年10月14日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》• (昭和27年) 公職選挙法施行後初の総選挙(第25回衆議院議員総選挙)。

衆議院比例代表選出議員の定数は、180人から176人へ減少)。 国会議員として在職25年を務めて功労ある者に永年在職議員の称号を贈る制度がある。
議員 衆議院 議員 衆議院

常任委員長は、本会議で委員の中から選挙(国会法第25条)もしくは議長において指名(衆議院規則第15条第1項)で選任されるが、後者の場合がほとんどである。 (国会法第39条)• 衆議院副議長就任中のため、会派上は無所属。

10
任期は一期4年であるが、の場合にはその期間満了前に任期は終了する()。 ただし、により選挙自体は有効とした。
議員 衆議院 議員 衆議院

特別委員 (第5条)• ) 公明党 45 の所管に属する事項 自由民主党・無所属の会 30 の所管に属する事項 の所管に属する事項(経済産業委員会の所管に属する事項を除く。 松澤浩一著 『議会法』 ぎょうせい、1987年、119-122頁• (昭和28年)には現在のおよびに属するのにより「奄美群島区」が設けられたことで1増の 467人、(昭和39年)に19増の 486人、(昭和46年)にはにより「沖縄全県区」が設けられたことで5増の 491人となり、(昭和50年)に20増の 511人と増員された後は、この定数が(昭和61年)まで続いた。 選挙人名簿調製の期日より前満1年以上その府県内において直接国税15円以上を納め引き続き納めている(ただし、所得税については人名簿調製の期日より前満3年以上これを納め引き続き納めている)• 被選挙権 [ ]• に関連の辞書項目があります。

7
なお衆議院議員総選挙においては、2013年(平成25年)6月3日の(1986年(昭和61年)1月5日生まれ)の以降、2014年の第47回・2017年(平成29年)のを経て鈴木が最年少衆議院議員の座を維持し続けている。