ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

それがロブ(ロビング)です。 サーブとレシーブとその次のボールまでを1セットとして練習を行います。

関連記事 この2つのスキルはテニスのダブルスの試合で 勝つための戦略を立てる上でとても重要です。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

スススッと前に動いて、サービスライン付近でロブボレーをストレートに、トライしてみませんか? きっと相手は慌てて触ることができない、失敗しても「何かやってくる相手だな・・・」という印象を持ってくれるはずです。 関連記事: 6. 基本的に上級プレーヤーでもない限りバックハンドのハイボレーは難しい技術になります。 という 疑問から答えていきましょう。

10
シングルスをメインで練習している人でも、ダブルスをプレイすることで多くの新しい発見が必ずあります。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

では、次に負けないテニス・勝つテニスとはどのようなテニスなのかを考えていきましょう。

シングルス• それぞれの特徴を理解して、戦い方を考えることが重要です。 セオリーはこれだけです! ダブルスは、サーブやリターンの順序・動き方、タイブレークなどルールが複雑で初心者は理解するまで大変だと思いますが、やり方さえきちんと覚えれば年齢・性別問わず楽しめるゲームです。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

サーブは、相手と交互、ペアとも交互に打つ• 相手のボールがゆっくりだからといって攻撃しすぎてミスが止まらなくなったり、相手のボールのペースに合わせてゆっくりラリーしてしまい相手が主導権を握ったりというのはよくある話です。 ゲーム開始前にしっかりコミュニケーションをとり、パートナーによって作戦を変えることで新しい発見があるかもしれません。 私もそのような状況から、ポーチのコツを理解し、実際に試しながら少しずつポーチの成功確率を上げてきました。

14
ポーチに捕まらないように後衛に返すためにロブを選択する• まだ、何が得意かわからないという人は、 このサイトで紹介する戦略から、 自分の得意なパターンを見つけ出すことから始めてください。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

後衛が沈んだ球を打ちローボレーをさせ ローボレーで態勢を崩している選手に 前衛がボレーで狙う。 まとめ 縦のポジションにはそれぞれこのようなメリット・デメリットがあります。 レシーブやサービスの前衛の時のポジショニングの話をしました。

7
ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか? 同じ前でも、その数十cmの差で大きく変わってくるのがテニス。 …ハイ! さらに、相手の後衛をセンターまで走らせるので、 ショートアングルにオープンコートができます。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

きちんと基本的な戦い方に忠実に、いつも通りのペースでプレーをすることが重要です。

4
この場面から学ぶべきことは、道具の進化やフィジカル・テクニックの向上によって、これまでのダブルスのセオリーが崩れつつあるということです。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

テニスコートにはコートの後ろに左右に引かれているベースラインがありコートの横に前後に引かれているサイドラインがありますが、このサイドラインが左右ともに2本ずつ引いてあります。 ここでは、雁行陣対雁行陣(前衛1後衛1対前衛1後衛1)、雁行陣対平行陣(前衛1後衛1対前衛2)、平行陣対雁行陣(前衛2対前衛1後衛1)の3パターンについて戦術を考えてみましょう。 これが上手くできれば、その返球は甘く浮いてくる可能性が高くなります。

17
きっと決まります。 この記事では、テニスのダブルスの基本的な戦術について、シングルスとの違いから前衛・後衛それぞれの戦術について解説します。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

相手はロブを利用してくるか?試合前半でよく観察する 例えば男性同士のダブルスの場合、ロブを全く使用してこない男性というのは結構いるものです。 ) 最近のブライアン兄弟が勝てない原因がわかるフランスペアの戦術(34分30秒・37分50秒) 最後に気になったのが、動画34分30秒・37分50秒のブライアン兄弟のサービスゲームでのラリーです。

13
基本となるポジションを見てみましょう。 ストレートを意識するあまり、 もっとサイド寄りにポジションを とっている前衛の人をよく見かけますね。
ダブルス ポジション テニス ダブルス ポジション テニス

その一本で時間を稼いで、また元の展開に戻せます。 と思わせる ポジションどりなどがあります。

また、ダブルス特有のことで言えば、サーブ側の前衛の動き(例:フェイント、ポーチなど)も相手にプレッシャーをかけてポイントする重要な役割を果たします。 先ほど説明したセンターセオリーですが、ただやみくもにセンターを狙うと前衛につかまってしまうリスクも高まるので、前衛にポーチされにくい中ロブがおすすめです。