挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

また、キックボクシングの試合のシーンにも横浜さんのアドリブが活かされているそうで、「(相手が)プロの方だったので安心して自由にやっています」とふり返っていた。

8
以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。 😭2人の瞳が 言葉全てを追い越してしまう瞬間を目の当たりにする私たち。
挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

ファンが「バスのシーンが震えました」と明かすと、「私も好きです!」と吉高さん。

17
久々の恋愛映画に 吉高は「恋愛もの自体が久しぶりだったので新鮮でした。 三木監督は「海のシーンの前に暗転があるので、塁が妄想した走馬灯的イメージではないかという説もある」とニヤリ。
挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

そして「またこの組み合わせで一緒にできるように…」と横浜さん、三木監督とのチームでの再共演への願いを語りイベントは終了した。

5
吉高さんは強いです…」と敗北宣言。
挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。 そして自分の中でいろんな答えが出たりもしたので、大事な年になりました」と様々な思いが去来したようだった。

20
吉高は「沢山の方に愛してもらえる映画になって嬉しい。 みなさんの考察が凄すぎて、自分の役作りがまだまだ足りないと思った」と悔しそうだった。
挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

ストーリー 目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。

19
中には「110塁」を記録したファンもいるという。 同作は、不慮の事故で、視力と家族を失った女と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男、光を失って生きてきた二人が織りなす運命のラブストーリー。
挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

吉高さんは「波が来ているのがわかっていても避けられなくて、はらはらしました(苦笑)」と撮影時をふり返った。

4
。 許してね」とペコリ。
挨拶 め きみ の 舞台 挨拶 め きみ の 舞台

彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。

10
今回ご一緒できるのが嬉しかった」としみじみし、本作の見どころについては「流星君の鎖骨が綺麗です。