ナンバー ワン ボウモア ナンバー ワン ボウモア

伝統的なフロアモルティング製法でつくられた麦芽を、ピートを焚きながら丁寧に乾燥させることで生まれる、香ばしくスモーキーな香りが特長です。 またボウモア蒸溜所で作られた原酒は海岸に近い倉庫に保管されるため、潮風を浴びながら熟成されます。

11
その後、ボトラーズを飲んでいくのが良いでしょう。 まずは、営業スタッフがお伺いいたしますので、お問い合わせください。
ナンバー ワン ボウモア ナンバー ワン ボウモア

半地下の庫内では床が海面よりも低く、天候によっては外壁に大西洋の波しぶきが打ちつけるため、いつもかすかな海水のアロマに満たされた環境だ。 まだ若い蒸留所ですが、作られるウイスキーにはしっかりとアイラらしいピート香が漂います。

5
現在はサントリーホールディングスが子会社のビーム サントリーを介してボウモア蒸溜所のオーナーとなっています。
ナンバー ワン ボウモア ナンバー ワン ボウモア

(ボトル撮影/小寺浩之). ただひつこい後味でもないのでスッキリ飲むことができるので本当に不思議です。 モリソンファミリーは現在、インデペンデント・ボトラーであるデュワー・ラトレー社を所有し、数多くの蒸留所のシングルモルトウイスキーをボトリング。

15
キルホーマン 124年ぶりにアイラ島に建てられた新しい蒸留所、キルホーマン。
ナンバー ワン ボウモア ナンバー ワン ボウモア

実際にこのNo. 前払いとなり、ユーザからの入金を確認後に商品の発送となります。 しかし、これほど飲みやすいアイラウイスキーはそうお目にかかれないのも確か。 「ボウモア ナンバーワン No. ボウモア ナンバーワン• それまで古い樽を熟成用に再利用していたボウモア蒸留所でしたが、サントリーによって経営再建に成功しました。

1
またボウモアはアイラ島で唯一エリザベス2世女王が訪問した由緒正しき蒸溜所でもあり、その際歓迎用の特別なウイスキー樽を作り、今も倉庫の奥に飾っているそうです。
ナンバー ワン ボウモア ナンバー ワン ボウモア

香りにはバニラの甘さ、シナモンのスパイス、オーク由来のスモーク香といった樽熟成の影響が表現されている。 バーボン樽70%、シェリー樽30%の比率で使用されています。

なお、クール便をご指定せずに、気温の原因による液漏れが起こった場合、返品・交換は承れません。
ナンバー ワン ボウモア ナンバー ワン ボウモア

加えてボウモア蒸留所は海のすぐ近くにあることから、 潮や海のテイストをふんだんに含んでいると予想したが、果たして… 期待に胸を膨らませ、まずはストレート。 潮の香りとバニラの香りが際立つ 心地よいスモーキーな味わいが特長です。 香りにはバニラの甘さ、シナモンのスパイス、 オーク由来のスモーク香といった樽熟成の影響が表現されている。

ボウモアの特徴はアイラモルトならではのピーティかつスモーキーな香り。 その新たな定番品として2018年5月にリリースされた、ノンエイジのボウモアを試してみました。