インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

(後記) >ノンダイアトニックコードが出て来るということですよね? モーダルインターチェンジの中で、もっともよく使われるのは、 IVmでしょう。 このパターン知らなかった人は絶対に覚えておいて損はないです。 この図にある通り、それぞれは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の配置をひとつずつずらしていくような感覚で作っていくことができます。

13
転モード(軸音変換)です。  BbではBbミクソリディアンを使っています。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

基本と言ってもいいですね。

17
 FmにはFドリアン(ファ・ソ・ラb・シb・ド・レ・ミb)を使っていますが、 1拍目の裏拍には「ミの音」があります。 ありがとうございました!. つまり、モード的に流れる音を構成音にしたハーモニーの流れを作ることもできる、という。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

どちらのスケールを使えばいいのかは、コード進行によって異なります。 レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド• (参考) <ヴォイシング> 調性を想起させないことでモーダル感が増します。

8
でも要はメロディックマイナーのモードなのでメジャースケールのモードを覚えられるなら後は時間をかければ全部覚えられるでしょう。 その両方、って言いたいんですけど、どちらか片方が成り立てばモーダルインターチェンジってわけでもなくて、かといって両方が成り立たなければモーダルインターチェンジってわけでもないんですよね。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

・ゆず『夏色』 サビ終わり、 「ゆっくりゆっく りくだってく」の部分が サブドミナントマイナーです。

1
Abリディアンに寄せるなら、Bbアイオニアンを選びますし、 Gミクソリディアンに寄せるなら、Bbリディアンを選びます。 一回の解説で全てを理解することは難しいと思います。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

例えば、属調や下属調であれば、現在の調の7音のうち、6音までは共通である。

土台となる音のメンバーが変わることでメロディはもちろん、ハーモニー(コードやコード進行)にも違いが生まれます。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

その場合はリディアンではなく、ミクソリディアンか リディアンb7が候補として挙げられます。 モーダルインターチェンジコードの一覧については以下をご覧ください。 >モーダルインターチェンジってノンダイアトニックコードを使うことですか? そうじゃなかったら別に使わなくていいんですから。

16
どの説明が適切かは分かりませんが、このコード進行が使えることは間違いありません。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

前置きが少し長くなりましたが、ここからは具体的なコード進行を紹介します。

19
借用和音は普通、近親調から和音を持ってくる。 これは、モーダルインターチェンジの中でも サブドミナントマイナーと呼んで区別することが多いです。
インターチェンジ モーダル インターチェンジ モーダル

上記例における1のモードは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」であるため、そこからは 「Cダイアトニックコード」の七つのコードが生まれています。

4
下の動画は英語ですが、英語が分からない方でも大丈夫! ローマ数字とメロディーを観て聴けばアアアアアアアっ!っというウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルばりの感動が得られること間違いなし。