市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

前沢 0• 障害者手帳等をお持ちの方は無料となります。

2
古御堂 0• Landscape and food works -高岡友美 Takaoka Tomomi(1981年、愛知県生まれ) -永森志希乃 Nagamori Shikino(1980年、富山県生まれ) ランドスケープデザイン事務所勤務を経て、2012年3月より活動を開始。 開館時間|午前9時30分-午後4時30分(入館は午後4時まで) 観 覧 料 |一般500円 400円 、高校・大学生400円 300円 ( )内は20名様以上の団体料金 *中学生以下無料 *障害者等手帳をお持ちの方と付添1名無料 お問合せ|黒部市美術館 TEL. 3s ease-in-out;-ms-transition:all. 出品作家| 風景と食設計室 ホー HOO. 作家について| 風景と食設計室 ホー HOO. 宮野 0• あなたの見ていた風景と、わたしが見ている風景。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

天池 0• 物語はあらゆる場所で紡がれ、集積し、風景となる。 新堂 0• 生地 0• 朴谷 0• 石田野 0• 「遠くの風景と、ひとさじのスープ。 申し込み開始日|9月10日(木) 申し込み|黒部市美術館TEL・FAX:0765-52-5011、黒部市立中央公民館 TEL:0765-65-1810 イベント情報詳細 開催期間: 2020年10月3日 土曜日 から12月20日 日曜日 まで 開催時間: 9時30分~16時30分 開催場所:. 阿朴 0• 内生谷 0• 新町 0• 石田新 0• *当日はマスクの着用をお願いいたします。

12
5s ease-in-out;transition:opacity. 轟下 0• 300枚以上の下絵を描き、1年の歳月をかけてようやく完成したのが縦約2m、横約4mの大作「幻の瀧」です。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

25s ease-in-out;-moz-transition:opacity. 宮沢 0• 25 ;box-shadow:0 0 8px 0 rgba 0,0,0,. 物語はあらゆる場所で紡がれ、集積し、風景となる。 フードプレゼンテーション、アートプロジェクト、デザインなど幅広く手がける。 生地中区 0• 、北洋の館 後 援 |北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ、みらーれTV、新川コミュニティ放送 休 館 日 |月曜日(但し11月23日は開館)、11月4日、24日、25日 *会期の変更や臨時休館を行う場合は、黒部市美術館ホームページでお知らせします。

16
山田 0• ・観覧の際は、互いに適切な距離を(2m)を保ってください。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

宇奈月町大谷 0. 25s ease-in-out;-ms-transition:opacity. 昔の思い出、食べていたもの、誰とどのような話をしていたか等、ほんの些細な出来事を基にして、いくつかの物語を紡ぎだしていきます。

4
体調不良の場合はご遠慮ください。 所在地 黒部市堀切1035 〒938-0041 電 話 0765-52-5011 開館時間 9時30分~16時30分 入館は16時まで 入館料 大人500円程度 展覧会により変動 中学生以下無料 休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始、展示替期間 駐車場 20台、身障者用0台 アクセス あいの風とやま鉄道「黒部」駅からタクシーで7分 北陸新幹線「黒部宇奈月温泉」駅からタクシーで20分 北陸自動車道「黒部IC」より、出口左折~飯沢西左折~黒部市、約15分 国道8号線(バイパス)を富山方面より、堀切交差点を左折~立野東交差点を右折~黒部市美術館、約2分 みどころ 総合公園内に位置し、総合体育館・市民プールが隣接している。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

そんなおふたりが、富山県黒部市の山辺と海辺を中心にリサーチしてつくり上げた新作の展覧会が、で開催されています。 2s linear;-moz-transition:background-color. (〜12月20日まで) すべて 撮影:柳原良平 黒部ダムができた当時の話、遠洋漁業で出稼ぎをした人の思い出、戦前の南米移住の歴史……など、黒部でのリサーチを通してふたりが感じ、受け取ったものを、本展では物語/テキスト(パンフレット)、映像、ドローイング、造作物、公開映像(ウェブ配信)などで構成。 ・咳エチケットのご協力をお願いします。

7
宇奈月町明日 0• 時間と環境によって揺さぶられ、 行ったり来たり、海岸線のように。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

*新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から内容の変更もしくは中止となる場合がございます。

福平 0• セレネについて 黒部市宇奈月国際会館「セレネ」は、国際観光交流・広域観光の推進と、市民の芸術文化の振興を図るため 1993年、黒部峡谷の玄関口・宇奈月温泉郷に誕生しました。 本展では、黒部の山辺と海辺を中心に、かつての風景や人々の生活をリサーチし、そこから地続きにある現在の私たちの生を問うインスタレーションによる新作を発表いたします。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

どうぞご期待ください。 日本・郷土の二つの視点に立って収集・展示活動を行う。 入館は閉館時間の30分前まで• 鏡野 0• 生地山新 0• important;-ms-transform:rotate -. 立野 0• 25s linear infinite both;animation:pulseDot 1. 世界とわたしの手のひらは繋(つな)がっている」をコンセプトに、「食」を介してその土地にしかない暮らしや社会を、時に実際に食事を提供しながら作品として提示してきた。

13
トロッコ電車の「後曳橋」は深い谷にかかっており、その上流には、ダムに貯めた水を発電所に送る導水橋が2本かかっています。 山立野 0• 黒部市美術館ホームページとフェイスブックでお知らせします。
市 美術館 黒部 市 美術館 黒部

modules-engagement-notification-dropdown. C」[約3時間30分]• 上から滴る水滴が地面で凍りつき、それが繰り返されて成長していく氷の柱を描くため、田渕俊夫画伯は 真冬のマイナス20度という極寒の中、この神秘的な造形を取材しました。 朗読と食事のパフォーマンスやインスタレーションなど、体験を鑑賞者と共有する形の作品は、その時、その場でしか味わえない身体の記憶として残ります。

8
それが作品として提示されるとき、ささやかな日々の暮らしと、私たちを取り巻く大きな世界との関係が結ばれ、作家が常にコンセプトとしている、手のひらのものと遠くの風景を行き来するような体験を誘います。