マスク bio マスク bio

1マイクロメートルの粒子を99%以上カットします。 さらに植物由来なので、生成段階での石油の使用量・燃焼時の二酸化炭素の排出量が少ないことも特徴です。

「バイオマスプラスチック」 バイオマスプラスチックは、再生可能資源である植物など(=バイオマス)を原料とするプラスチックです。 また、分解中間産物である乳酸オリゴマーの安全性も確認されています。
マスク bio マスク bio

マスクが不足している中で、洗っても抗菌効果が落ちないマスクは、購入額が少し高くても使い捨てじゃない分結果的に見たらコスパは悪くありません。 「Bio Faceの特徴」 1. ポリ乳酸の糸を使用することで、製品が作られてから処分されるまでのライフサイクルにおける温室効果ガスの発生を石油由来プラスチック製のマスクと比較して削減することが可能です。

会員登録がまだの方は会員登録を済ませましょう。
マスク bio マスク bio

バイオフェイスマスク ライト・冷感タイプ の購入方法は? バイオフェイスマスクのネット通販購入方法をご紹介します。

9
人の肌と同じ弱酸性で、抗菌性、付け心地の良さなど実用的な機能性も備えるとする。
マスク bio マスク bio

倍率から、バイオセルロースがいかに微細な繊維で特異な3D構造を有するかご覧頂けると思います。

5
その大半がマスクの擦れや長時間着用による「肌荒れ」、二次的な細菌感染により発生する「できもの」など。
マスク bio マスク bio

市販のウイルスカットフィルターや綿ガーゼなどの装着が可能• さらにニット製造の高い技術を用いて縫製されているため、肌へのフィット感も素晴らしく、着用時のゴム紐の圧迫(耳の付け根や裏)もほとんど感じません。

3
抗菌製品技術協議会(SIAA)の規定を満たした抗菌性能を有しており、菌の繁殖を抑え、食事や自宅で一時的に外す際も衛生的に保管できる。
マスク bio マスク bio

国産のマスクで安全性も高いので購入を検討してみてはいかがでしょうか. 抗菌作用のある弱酸性の繊維で作られたバイオフェイスマスクには、価格を抑えたバイオフェイスライトマスクとそれぞれの冷感タイプが販売されています。 デザイン、機能、価格。 。

超高性能特殊フィルターの「タピルス」を内蔵しました。
マスク bio マスク bio

このポリ乳酸という植物由来の糸で編まれた「Bio Face」は、そんな敏感肌の方や肌荒れを気にされている方に是非使っていただきたいマスクです。 50回洗ってもその抗菌性が落ちないことが実証されているため長期間清潔にお使いいただけます。 Contents• 高密着なバイオセルロースシートで美容液をお肌に無駄なくお届けすることが出来ます。

15
ポリ乳酸の糸は健康な人肌と同じ弱酸性で、手術の際に縫合糸としても使用されるほど、肌に優しい素材です。 178でも安全性が認められています。