早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

そして、靴の中まで酷く濡れた状態でなければ、直射日光の当たらない風通しの良い場所で 陰干しをしましょう。 ある程度乾いたら、最後の仕上げは、ドライヤーですね。

20
この方法でカビが取れない場合は、かなり深くまで根をはっている可能性がるので、素人では靴を傷める可能性があります。
早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

キッチンペーパーは、パルプ紙で作られいて ・吸水性に優れている ・破れにくい という特性があるので、靴の中に詰めて靴を乾かすことが出来ます。 まずは濡れた靴下から。

8
もちろん、ある程度水気を取ってから使用しましょうね。
早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

。 それぞれコツがあるので詳しく説明していきますね。

9
子供のスパイクや、通学用の靴、どんな靴でもカラッと乾かしてくれます。 昼間であれば家の中ではなく、ベランダや庭など外に干しましょう。
早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

キッチンペーパーの方が圧倒的に吸収力が強く、濡れてインクが移ったりする事もありません! ポイントとしては、湿った新聞紙やキッチンペーパーは布と同じく、 こまめに取り替えるという事。

18
もちろん革靴もオッケーです。 お菓子などに入っている乾燥剤では小さすぎて効き目がでません。
早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

この商品は靴専用の乾燥機なので、 靴の先までしっかりと乾燥することができます。 靴は新聞紙を詰めて、つま先を上にして乾かす 新聞紙を詰める 新聞紙は折りたたまず、くしゃくしゃにまるめて靴の中にきっちり詰め込みます。 これは楽で効果も高くかなりオススメの方法です。

10
面倒だからといって靴を濡れたまま放置しておくと、 イヤな臭いやカビの原因にもなってしまいます。 なのでドライヤーは靴から少し離して、様子を見ながらドライヤーの風を当てます。
早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

タオルで水気を吸い取る 濡れた靴は、 まずタオルなどでしっかりと水気を拭き取っておきましょう。 雨に濡れた靴やスニーカーは 埃や土、汗や皮脂などで汚れています。 濡れた靴は日光にあてて乾かす 靴の水分をなるべくとる作業が終わったら次に干していきます。

18
これを数回繰り返します。 湿った布で続けても 水分が戻るだけなので気を付けましょう。
早く 乾かす 方法 靴 早く 乾かす 方法 靴

そんな時に役立つ 濡れたスニーカーや濡れた靴を早く乾かす方法をまとめてきましたが如何でしたでしょうか? 基本的にはやはり一度濡れたものは 洗って清潔にしてから乾かすのが雑菌も防げて衛生的、靴にも負担がなくて確実ですね。

4
日本人だとちょっと抵抗があるかもしれませんが、 脱水だけ洗濯機の力を借りてしまうという手もあります。 素焼きレンガの上に置いて乾かす 園芸やDIYの素材として人気の素焼きレンガも水分をよく吸収します。