ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

人体実験の被験者やその家族は、政府が真実を隠したことにより、賠償を求める機会を奪われてきました。 また、今日の施設内審査委員会(IRB、日本の「倫理委員会」に相当)のモデルとなった研究計画審査も始められました。 そして、彼は被験者達の犠牲を後悔したのだろうか。

7
このころ彼は、の肝炎患者からの血液サンプルを調べている間、を含む加熱血液がワクチンとして使用された場合、ウイルスを死滅させるという大発見するのですが、1950年代の段階で肝炎の病原体であるウイルスの人工培養はまだ不可能であり、治療研究には人体を使う方法しかなと思い彼は非人道的な研究を始めることなります。
ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

, , 2010-04-20 , 2012年3月30日閲覧。 また、安全性と危険性には注意が払われたものの、被験者の選択における公平性は考慮されていませんでした。

Cook and Hoasは、投資ファンドが被験者の選択に重要な役割を果たしていることを発見し、それが被験者への補償にどれだけ繋がっているかの懸念も提示された。
ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

非人道的ともいえる人体実験によって、多くの子供達の命が奪われたという現実であるということを忘れてはならない。 アルヴィング博士は、イリノイ州のマンテノ州立病院に入院している精神障害者や知的障害者を輸血によってマラリアに感染させ、治療する実験を行いました。

2
研究チームが抱える懸念としては、たとえ規則は倫理的としても、研究には適合していないといったものもある。 30-50(『医療倫理の夜明け』第2章)を主に参照。
ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

以上のように、1940年代から1950年代にかけて、米国の連邦機関には、人体実験において被験者の自発的同意を得ることと危険性を最小限に抑えることに関する大まかな理念はあり、さまざまな指針も出されていました。 2019年4月30日閲覧。

13
これらの研究においては、特定の課題の答えを得るための体系的な調査として、データ収集ならびに分析が行われる。 による。
ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

一審判決は原告の訴えを認めましたが、二審では逆転判決が下され、最終的には三審で再び原告の訴えが認められて確定しました。 しかしながら、この放射線被曝実験は、先に述べたように1993年まで一般にはほとんど知られていなかったため、米国内の人体実験の規制が整備されるにあたっては、まったく影響を及ぼしませんでした。 この中には、実験的状況下にはない活動の結果として生じた被爆の影響を調べる研究も含まれます。

18
しかし、この実験が始められた1940年代に、米国では人体実験に関して何も基準はなかったのでしょうか。
ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

航空機 [ ] の黎明期には理論が未発達だったことから飛行できるかすら不明であった。

10
車両の安全性テスト [ ] では、自動車事故の際の人体の許容度に関するより多くのデータを収集し、自動車の安全機能をより向上させるため、頭頸部の傷害を評価するそり滑走、試験、さらにはおよびそれらの拘束システムを含む試験など様々な人体実験が行われてきた。 1947年以降、原子力委員会が作った放射性同位元素を、委員会外部の機関で実験に用いるために配布することは広く行われており、同位元素配布委員会 Committee on Isotope Distribution の対人応用小委員会 Subcommittee on Human Applications のような審査機関も置かれていました。
ブルック 事件 ウィロー ブルック 事件 ウィロー

ある日、ヒンドリーに呼び出されたスミスは とんでもない光景を目の当たりにする。 2018年4月23日閲覧。

これに対し、治療的実験と非治療的実験を区別し、治療的実験の場合にはインフォームド・コンセント要件を緩めた1964年のヘルシンキ宣言は、米国の研究者たちに歓迎されました。