シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

同技術は金属摩耗が激しく、PS装甲と併用した場合、その寿命を縮める事から推奨はされていない。 その後、エターナルとクサナギの連携によりヴェサリウスは撃沈され、アークエンジェルもドミニオンを振り切り3隻はL4宙域からの脱出に成功する。 「クスィフィアス」はで「」の意。

17
なお、がへ改修された際にも、コクピット周辺に同様の二重装甲が組み込まれている。 また、可動式のスラスターユニットとしても機能する。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

これにより、ジャスティスとともにオンリーワンの機体として計画されていた本機は技術者が望んだままの姿で実現されることとなった。

8
この表面の色の違いはによるもので、フェイズシフト装甲搭載機においても各部で電力供給の振り分けは一定ではない。 これによって、装備や状況ごとに装甲へのエネルギー配分を調整・最適化することで電力消費のロスを抑えることができる。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

戦後に開発されたセカンドステージモビルスーツの元型ともいえるものであり、その威力は最新のものと比較しても遜色無い。

14
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、19頁。 出典 [編集 ] []• Nジャマーキャンセラーによって動作を保障され、によって電力を供給する小型大出力の機関。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

『ガンダムMS動画図鑑[コズミック・イラ]編』、2010年3月。 PS装甲は元々、で研究が行われ、『大西洋連邦ヘブンアイランド技術研究所』における大尉の主導のもとで開発を進行し、において初めて実用化に成功した。 英字表記である「High M. 『GREAT MECHANICS 7』双葉社、2002年12月、69-74頁。

17
ISBN 4-04-471701-X• サイズのの外装にPS装甲を採用し、高い防御力を実現している。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

ただし、CE73年においてはザフトがセカンドステージのの両肩部シールドにおいて、VPS装甲と対ビームコーティングの両立を行っている。

出来そこないのクローン人間であるクルーゼは唯一の同胞ともいえるキラを誘うも 、キラは拒絶し激しく反駁する。 産経WEST、2016年5月21日。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

それに対してラクス・クラインは、ザフトが開発した新型モビルスーツであるフリーダムガンダムを託した。 腕部側面にはカバーを取り外すことで露出するハードポイントを備える。 PHASE-35 一人のトリックスターの手引きとは知らずに、対立する地球連合軍とザフトは虐殺の宴を開こうとしていた。

12
究極の性能を目指して開発が行われたとする資料もみられる。 並の強度では耐えきれないほどの負荷がフレームに加わった場合、予備電力も活用して瞬間的にフェイズシフトの出力を極大値に引き上げ、フレームが金色に発光して光子の形で負荷を放散する。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

2機は連携して3機の新型モビルスーツに立ち向かい 、その連携攻撃は地球連合軍の攻撃を寄せ付けなかった。 しかし、代表首長であるカガリ・ユラ・アスハにとっては、自らの父にして前代表首長である故ウズミ・ナラ・アスハの「中立主義」と真っ向から対立する政策であり、これによってセイラン家とカガリの間には決定的な溝が生じていた。

14
『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol. 議論はを参照してください。 その後、新たに組織されたオーブ軍第2宇宙艦隊の所属機となった本機は、大量破壊兵器レクイエムを排除するために出撃()。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

そのため、電力を振り分ける割合を変える事で、表面のカラーを変化させる事も可能である。 「何と戦わねばならぬのか?」という問いと、「自由」を冠するガンダムを携えキラは飛び立つ。 色の変化はかける電圧によって決まる。

20
このPS装甲は改修現場で同時に製造中だったストライクルージュ用のものを使用しており、がTP装甲の存在を知らないまま独自に思いついたものである。 また、コズミック・イラにおいては対ビーム用のが存在し、これはMS用の対ビーム用シールドに用いられている。
シフト 装甲 フェイズ シフト 装甲 フェイズ

, p. また、コズミック・イラにおいては対ビーム用のが存在し、これはMS用の対ビーム用シールドに用いられている。

1
プラントに反逆する行為であるが、彼女も戦争を終結させるために行動を開始した。