条 憲法 53 条 憲法 53

但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

だからこそ、有権者の「不断の努力」が必要なのです。
条 憲法 53 条 憲法 53

国務院、中央軍事委員会、最高人民法院及び最高人民検察院の活動を監督すること。

7
およそ国家の財政制度によって民族自治地域に属するものとされた財政収入は、すべて民族自治地域の自治機関が自主的に按排して、これを使用する。 朝日新聞によると、内閣が要求に基づいて国会を召集しなかった場合、法的義務があるために「違憲と評価される余地がある」と示しました。
条 憲法 53 条 憲法 53

第五十三条 は、国会の臨時会の召集を決定することができる。 しかも、があった訳でもないのに、常会から常会の間に臨時会を1度も召集決定しなかった初の例となる訳です。 参議院議員通常選挙 ただし、その30日以内の期間で 常会や特別会が招集された場合は開く必要はありません。

13
〔国務大臣訴追の制約〕 第七十五条 国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。 但し、その法律の基本原則に抵触してはならない。
条 憲法 53 条 憲法 53

召集要求から98日も経った9月28日、安倍内閣は衆議院を解散させるためだけに臨時国会を召集しましたが、所信表明演説すらもせずに、衆議院を解散しました。 第74条 全国人民代表大会代表は、全国人民代表大会議長団の許諾がなければ、また、全国人民代表大会閉会中の期間においては全国人民代表大会常務委員会の許諾がなければ、逮捕されず、又は刑事裁判に付されない。 三 条約を締結すること。

即ち、臨時会召集要求書は、七回提出されたが、最初の二回は翌 日送付した外、すべて即日内閣に送付している。 最高人民検察院検察長を選挙すること。
条 憲法 53 条 憲法 53

2015. 2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。

15
国会議員が法廷で意見陳述するのは「おそらく例がない」とのこと。 〔総選挙、特別会及び緊急集会〕 第五十四条 衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から三十日以内に、国会を召集しなければならない。
条 憲法 53 条 憲法 53

結局、総選挙後、134日間経ってようやく国会が開かれました。

3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。