シリーズ ランボー シリーズ ランボー

しかし、残念ながら日本での公開は未定です。

解説 20年ぶりの第4作では、シリーズで初めてシルベスター・スタローンが自らメガホンを取った。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

製作費も1作目からおよそ3倍の4,400万ドルで、ヘリコプターからの空爆など派手な演出が盛り込まれた。 ガブリエラの死に悲しむマリアは孫娘との思い出の地である牧場を去るが、激怒したランボーは牧場に罠を仕掛けてマルティネス兄弟との対決を挑む。 カルメンはランボーを自宅に連れ帰り、ランボーの怪我が完治するまで世話をする。

14
アル・パチーノはランボー役にめちゃくちゃ乗り気だった! 戦闘を決定付ける大活躍を見せた。 再会を期待したランボーだが、その戦友はベトナムで浴びた枯葉剤の後遺症で既に亡くなっていた。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

映画のラストシーンには「勇敢なるアフガン民族のムジャーヒディーンの戦士たちに捧ぐ」とのテロップが表示されたが、9. 「 」シリーズ主演を通して、体はかなり仕上がっています。 帰還してからはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされながらも、伝説の戦闘マシンとして、世界各地で戦いに身を投じてきた。

本作の暴力表現は度を越しており、楽しめるような内容ではないのだ。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

ずっと日本で住んでいる限り、体験することはないのではないでしょうか(平和ボケというものです)。 昼頃に観始めれば、夕食の時間頃には全て観終えることができるボリュームだ。

11
敏捷性と緻密な計画性、爆薬の知識があってこその芸当だ。 ひたすらに敵を倒しまくる痛快アクション映画というばかりでなく、居場所も尊厳も失ったベトナム帰還兵の哀しみや、彼らに対する当時の人々の反発を描いた社会派作品でもあるのだ。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

オスカル・ハエナダ (ビクトル・マルティネス) 1975年、スペイン、バルセロナ生まれ。

途中、ミャンマーの海賊に襲われて危機を迎えたランボーは、乗組員を守るために海賊を返り討ちにする。 そこにミャンマー軍が現れ、捕虜を虐殺。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

主演の大人気シリーズ 『 』より、4K UHD・ブルーレイ・DVDの発売と、ブルーレイ&DVDレンタルがスタートしたことを記念して、怒りの 昭和風ポスターが公開された。 マリアには、『バベル』でアカデミー賞にノミネートされたアドリアナ・バラーサ。 前作の邦題が『ランボー/最後の戦場』とされたため紛らわしいことになっているが、本作こそが本当の完結編だ。

1
CIAのマードックから言い渡された詳細は、決して現地のベトナム兵と交戦せず、ただ米人捕虜の写真だけを撮ってこいというものだった。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

これまではド正面からマシンガンをぶっ放していたランボー、今作では「殺人ホームアローン」よろしく様々なトラップを仕掛けて敵を仕留める頭脳戦の一面も。 銃器類のみならず、戦場のあらゆる兵器を柔軟に使いこなすのがランボーなのである。 戦後は映画俳優となり、自伝的作品『地獄の戦線』 55 に主演するなど華々しく活躍した人物だ。

16
無料お試し期間中にランボーシリーズを借りて鑑賞後、近くのポストに投函して返却、解約してしまえば一切料金はかかりません。
シリーズ ランボー シリーズ ランボー

アリゾナへやってきたウーゴ達はランボーの牧場を襲撃するが、ランボーによって牧場の地下に掘られたトンネルに誘い出される。

16
大佐はアフガニスタンにて200万人の市民が虐殺されているという情報が入りランボーに一緒に現地調査に行ってほしいと依頼しに来たのです。 ランボーが何十人もの敵をグチャグチャの人肉に変えていくという設定が爽快だと感じる人も、最初は腹を抱えて笑っていたのが最終的には呆れた苦笑いに変わっている可能性が高い。