ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

「」も参照 スタッフ [ ]• まさか、こんなところでMAZEネタが出てくるなんて…最近の人は知らんでしょう。

あかほり曰く「どっぷり浸かる人向けの作品」であるため、コミカルなシーンは皆無であり、はずむの父徹、明日太や並子先生といったギャグ担当キャラの出番は少ない。
ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

コミック版 少年誌掲載作品であるが、少女マンガ的な技法が多く取り込まれている。 スタッフ(ドラマCD) [ ]• に乗っていたは、地球人に対して自分のミスを詫び、はずむを治療したことを告げる。

19
編集 - 森田清次• 約束どおり、水族館では自分の気持ちを抑えていたやす菜。 脚本 - (INDEX2 - 10)、花田十輝(INDEX12)• 間奏の後、2番からエンディングに突入)、第6話はピアノ弾き語りVer) (第8話:伴奏は原曲のもの) (第9話:伴奏は原曲のもの) (第10話:伴奏はアコースティックギターがメインのオリジナル) (第11話:シンセパーカッションを生かしたオリジナル伴奏)• 作中に登場する部活動は、以下の5種。
ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

まあ、魅力的なヒロインの存在でなんとか中和しているといった感じでしょうかね?特にとまりちゃんの存在はデカイ。 (2005年9月 - 2006年10月、)• 小説版の設定では男性時と女性時の身長は変わっていないが、コミックとアニメではやす菜や明日太と比べると女性時の身長が若干低くなっていることが分かる。 部員は女子が多く、はずむが女性になってから、男子部員は部長一人のみになってしまった。

観音特子(みね とくこ) 声 - 一行が泊まる湯ノ山村の旅館「みね」の女将。
ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

概要 だったはずむがですることでやす菜、来栖とまりとのに落ちる。 ジャケットイラスト - 岩佐とも子• 月並子から求愛されているのは認識しているが、観察価値なしと判断し、無視している。 〈注〉ふりがなもしくは音声によって読み方が確定しているもののみ、読みを付けている。

蝶の飼育と、解剖を行っていることを匂わせる描写がある以外、活動内容は謎に包まれている。
ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

タイトルの「かしまし」は、「女三人寄れば姦しい(かしましい)」よりきている。 テレビアニメ第11話エンディングテーマ• 鹿縞市立鹿縞高校の2年生(コミック版では途中で18歳になっているため、3年生説もあり)。

あいのありか [4:32] 歌:大佛はずむ(植田佳奈) 編曲:• 両親や祖父同様、孫が女の子になったことを歓迎している。 このタイミングをずっと狙ってたんだな。
ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

単行本は電撃コミックスより全5巻が出版。 傷心を癒すため、やす菜と出会った思い出の地・鹿縞山を訪れるはずむ。 優しさの温度 [1:41]• 活動場所は主に、学校の屋上・校庭に設けられた花壇や、鹿縞山など。

16
モノローグ 〜とまり〜 [0:46] 声:来栖とまり(田村ゆかり)• 主要キャラクター3人が歌うキャラクターソング『コンパス 〜笑顔の行方〜』のショートバージョンが収録されている。
ミーツ ガール ガール かしまし ミーツ ガール ガール かしまし

摩利あゆき(まり あゆき) 声 - とまりの友人。

7
教職に全てを捧げるとして恋愛は諦めていたが、宇宙仁に一目ぼれ。