違い 有給 有休 違い 有給 有休

「年休」と「有給」と「有休」の意味の違いは? 「年休」は正しくは 「年次有給休暇」のことです。 有休の対義語は「無給」で、給料が支払われないことという意味です。

2
週休は1週間に1日以上の休みがあることで、多くは「週休2日制」と「完全週休2日制」に分かれます。
違い 有給 有休 違い 有給 有休

会社を休んでも賃金が発生する休暇のことですね。 つまり週3日で契約をしている人であれば、それをもとに6か月分の勤務状況から年休取得できるかどうかが決まるのです。 忙しい時期ですから、電話を入れることができないのは会社も分かっていると思います。

3
うちの会社には特別休暇があるの? 特別休暇は、法律上、会社になくてはならない制度ではなく、強制ではありません。
違い 有給 有休 違い 有給 有休

有給休暇は、1年ごとに労働者に対して与えられるものです。

19
社員ごとに固定の休日を置くか、あるいは月ごとに割り当てる休日を調整していくといった方法が取られます。
違い 有給 有休 違い 有給 有休

職場の風習によってどの言い方を採用しているかが違うだけという場合がほとんどです。 50%というと半分しか有給を取得できなかったことになり、これは世界でもダントツで低い値です。

16
しかし、有休はその例外で、休暇中でも所定の賃金が発生します。
違い 有給 有休 違い 有給 有休

最高裁判決でも「労働基準法39条の要件が充足されたとき、労働者は法律上当然に年次有給休暇の権利を取得し、使用者はこれを与える義務を負うものであり、労働者の請求をまって始めて生ずるものではない」と明確に示されています。 深夜などに急に伝えなくてはいけない場合は、いったんメールでも構いません。

15
特別休暇は、すでに解説したとおり、会社と労働者(従業員)との間の約束、つまり「契約」(労働契約・雇用契約)によって決められたものですので、特別休暇があるかどうかを知るためには、契約内容を知る必要があります。
違い 有給 有休 違い 有給 有休

これも会社によって使い方が異なるので、自分の勤務先の「年次有給休暇」の略語を知っておく必要がありますね。

説明をしても、やはり会社が許可しないといった態度を取る場合は労働基準法違反になるので、最寄りの労働基準監督署に相談することをお勧めします。 きちんと手順を踏んでおかないと、後でトラブルになる可能性もありますので、しっかり覚えておきましょう。
違い 有給 有休 違い 有給 有休

会社によっては、「有給」の方を主流としているところもあるようです。 休日とは別に、労働者は有給休暇が取れることを労働基準法により定められています。

2
また、上記でもご紹介したように、人によってそれぞれの言葉に対する見解が異なるので、場合によっては勘違いや誤解を生むかもしれません。 休暇には、「法定休暇」と「任意(特別休暇)」の2種類があります。