展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

玉折(ぎょくせつ)編(9巻76話 - 79話) [ ] 2007年、呪術高専3年生の五条と夏油は特級呪術師になっていた。 先輩の夏油を非常に尊敬している。

3級呪術師。 布瑠の言と背部の法陣は完全な循環と調和を意味し、宿儺の推測では能力は『あらゆる事象への適応』。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

近接戦闘も可能。 また伏黒恵自身も運動能力が高いため、式神とタッグを組んで戦うスタイルが多いです。 出した本人は、八握剣異戒神将魔虚羅に最初に殴られるので、仮死状態になる。

9
人殺しを厭わない冷酷な人物で、30年ほど前は自身の降霊術を利用したをこなして金を稼いでおり、五条の暗殺を試みたこともあったが、その六眼故に手を出せずに終わった。 幼魚と逆罰編で登場。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

呪力を喰うので単体でしか使えない。 偽夏油とその関係者 [ ] 偽夏油(仮称) の姿をした正体不明の人物で、真人達からは単に「夏油」と呼ばれている。

二番「(レイキ)」 体に呪力の水を纏ってクッションとして防御する。 額には二種の紋様がある。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

自らのアイデンティティーを強くもっており、丸腰の状態で真依に背後を取られていても平然と喧嘩を売るほど度胸がある。 最初こそは一方的に虎杖を痛めつけていた東堂だが、突如彼を「親友」とし、徹底的な指導を施す。

あと享楽さんの卍解とかあれもうぶっちゃけ領域だよね。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

実際には いつまでも情報が完結せず、動けなくなってしまいます。 攻撃以外にも移動手段として使ったりもできるので玉犬に次いで使用頻度が高い。 謎の母 母親にについては全くと言っていいほど語られておらず、禪院甚爾の子・恵を生んだのち 他界したようです。

目を覚ますと「玉犬は破壊、いや術式が解けたか」「ここまでだな」と考え「布瑠部ー」と唱えようとする。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

ただ、伏黒恵の実母は恵を産み、すぐに他界していまいます。 激戦の末に虎杖を気絶させるが、トドメを指そうとした瞬間、虎杖が弟であると言う存在しない記憶に戸惑い、逃走する。

4
星漿体の関係者 [ ] 天内 理子(あまない りこ) 2006年に呪術高専2年だった五条と夏油が護衛任務を担当した少女。 部屋着はとにかく楽なものを選ぶ。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

「Q(キュー)」 天元の暴走による呪術界の転覆を目論む呪詛師集団。 階級は不明だが、準1級呪霊に躾を施す程の実力者。 八十八橋にて特級呪霊と戦った際に展開した領域だが、不完全な領域展開のため相手を領域内に閉じ込めるほどの効果はない模様。

1
まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。
展開 伏黒 恵 領域 展開 伏黒 恵 領域

継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 ただし、非術師を「猿」と呼ばない、術師をぞんざいに扱うなど、本物とは異なる言動も見られる。 一回の攻撃で法陣を切り離し仕留めないかぎり、後ろの法陣が回ると、9回治療と戦闘相手にとって相性の悪い特性に変化する。

2
津美紀が命の危機にあるときには、危険をかえりみずに行動するなど感情的になる場面も見受けられます。 渋谷事変では、五条封印後に重面春太を倒した後、禪院班に合流したが、漏瑚の奇襲により上半身を焼かれ、渋谷駅構内にて真人に触られる形で殺される。