更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

裁判記録上の死者数は未確認である。 事件を風化させない為にも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。 内田節子「」『岡山県立短期大学研究紀要』第21号、、1977年7月1日、 84-97頁、 :、 、。

つまり、この場所は 現在ではすっかり住宅地へと姿を変えており、岡田更生館があったころの面影は今はありません。
更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

するとそこで目にしたものは世間のイメージとは真逆の実態。 大森記者は後にベトナム戦争の報道で活躍したジャーナリスト。 同年4月には参議院議員の姫井伊介が現地視察を行っており、その様子は1949年5月10日に開催された参議院厚生委員会の審議で詳細報告されている。

5
岡田更生館事件のN館長の実名や顔画像は? 岡田更生館とは岡山県吉備郡岡田村(現倉敷市真備町岡田)に1946年(昭和21年)12月から1950年(昭和25年)まで存在した浮浪者収容施設・県立岡田更生館のことです。
更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

虚偽の領収書を作成し、収容者の飲食物や日用品の購入に金を使ったように装う、工作もしていたという。 210では見出しは"問題化した社会施設"、"県営更生館の疑惑"となっている。 しかし、村役場に提出された死亡届は骨箱の数の何十分の一であり、実態と書面が乖離していた。

17
前述したが、大牟田での脱走者の証言により警察の調査が入ったがその事実を確認できなかったというもの。
更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

戦争によって居場所を失った路上生活者が日本各地にいた。

15
しかしその実態は• そこで行われていたのは過剰に収容された人間たち。 当然ながら、劣悪すぎる環境に耐えきれずに「県立岡田更生館」を脱走する収容者たちは続出していたようですが、すぐに捕まって連れ戻された挙句、集団リンチを受けて殺されてしまうことになりました。
更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

岡田更生館の職員の過半数が「巡査」の職責にあるにもかかわらず、「誠に低級な者」だと評価した上で、公益性の高い社会事業の運営者には相当にしっかりした人物を抜擢しなければならないと見解を示している。

そこで、顔に墨を塗り、作業服に草履という出で立ちで浮浪者のフリをして、倉敷市内のベンチに転がり、警察に通報されるのを待っていて警察の取り調べの後に更生館職員へと引き渡された(強制収容所なので警察などを窓口にしてひきわたされていたようだ) この当時、岡田更生館への収容を担当していた県職員の荻野半麓(おぎのはんろく・故)は当時を振り返り自著に記している。
更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

暴行についての動機は不明ですが、今よりも人間の気性が荒い戦後という時代の背景もあったのかもしれません。 更生館が県営であったことから、警察ともグルなのではと考えたそうです。 これを受けて、新聞各社は当日の夕刊で知事の談話を大々的に報道し 、翌日2月19日のは、警察の旧来の見解を引き合いに出して、毎日のスクープに反論する記事を載せた。

20
彼らは更生館近くの農家を訪れ、中にはいる方法を模索したが農家の住民には『殺されるからやめなさい』と施しの握り飯をわたされた。
更生 館 事件 岡山 更生 館 事件 岡山

真実はどうなのか、新聞記者が潜入取材を試みることになりました。 岡田更生館の館長の現在については全く記録に残っていなかったが、かなり昔に起きた事件。

14
収容能力を超えた過密収容。