地震 長野 県 地震 長野 県

持ち出しリュックをまだ備えていない方は、早めに用意しておくことをおすすめします。

2
) 今後も地震活動が継続するおそれがあります。
地震 長野 県 地震 長野 県

5,199• このため、各地方自治体では、減災・耐震対策に対して公的な助成(木造住宅の耐震診断や木造住宅の耐震工事など)をしていることが多いです。 地方自治体等• 7 長野県内で起きた代表的な大地震には、1847年の 善光寺地震(マグニチュード7. PDF 559KB 2020. 地震の数が多い日は、当たり前ですが、マグニチュードが大きな地震が起きています。 地震調査研究推進本部によると、これらの海溝型の地震が30年以内に起きる確率は以下のように推定されています。

19
文部科学省では、「今後の重点的調査観測について」(地震調査研究推進本部,2005)の中で、将来地震が発生した場合に予想される地震の規模が大きく(マグニチュード8程度を目安とする)、地震の発生確率が高い断層とされた富士川河口断層帯について、研究機関に委託し、平成29年度から重点的な活断層調査を実施しています。 4月22 日から9月4日13 時現在で、一連の長野・岐阜県境付近の地震活動により、県内で震度1以上を観測した地震は150 回となっています。
地震 長野 県 地震 長野 県

長野県での2018年における震度1以上の地震の観測回数は 17回となっています。 群発地震が起こることは珍しくありませんが、糸静線沿いの「松本盆地東緑断層」という特に懸念している断層周辺で発生してて、今後、万が一誘発されてここが活動すれば甚大な被害が生じるだけでなく、隣接する断層へ連鎖してしまう危険があります。 信州大学の大塚勉教授は、地質学を専門としており、 「98年の群発地震の時は数日で収まっているので、それと同じようなものであるとすれば次第に収まっていくだろう」 ただし、松本市では2011年に震度5強の地震があり、 「同じ規模の地震が発生すれば、大きな被害が出る可能性もある」 とはなしています。

18
) 841年 (承和8) 信濃 6.5以上 家屋倒壊あり。
地震 長野 県 地震 長野 県

2017年06月25日 M5. 2018年11月 この時は、今回と比べるとマグニチュードも小さかったですが、 地震の回数は多かった 今回の地震の方が多くなってしまいました。 1984年の 長野県西部地震(マグニチュード6. 他の地震・活断層との関連 [ ] 2011年に発生した()の と考えられている(「」も参照)。 県内の3村が、「」に指定されています。

18
同観測室では東北地方太平洋沖地震のによる影響を指摘している。 1・震度3の地震が約11kmの距離(深さ4km)で起きていた。
地震 長野 県 地震 長野 県

まとめ 長野県で一番警戒しておきたいのは、相模トラフによる「 首都直下地震」や「 南海トラフ巨大地震」です。 群発地震 1965~67年:松代群発地震 1968年:焼岳付近 1990年:焼岳付近 1998年:焼岳付近 2011年:焼岳付近 2014年:焼岳付近 2020年:焼岳付近 長野と岐阜の県境付近にある 焼岳では、数年ごとに群発地震が起きています。

7
これによってできたのが今の日本海です。
地震 長野 県 地震 長野 県

今回は松本市の山側の震度観測点のそばで起きているので、有感地震が増えています。 【2014年11月22日長野県北部の地震】• 海溝型地震の将来の発生可能性についての評価です。

18
【平成16年(2004年)新潟県中越地震】• 注意しておかなければならないのは、この防災対策強化地域は 「地震災害に関する警戒宣言」が発令されると新規に地震保険に加入できなくなる地域ということです。
地震 長野 県 地震 長野 県

最新の情報は関係機関にてご確認下さい。 避難所ではありませんので、ご注意ください。

ネットで騒いでいる人は地震の専門家でも科学者でもないです。
地震 長野 県 地震 長野 県

このことをふまえると、この先最悪の場合ですが長野や静岡、四国、九州で、同じような内陸直下地震が立て続けに起こる可能性があるとのことです。

7 1998年にあった郡発地震とは 1998年8月に、今回と同じような規模での地震がありましたので、リンク等を掲載しておきます。