コロナ 外務 省 コロナ 外務 省

イ レジデンストラック:本件措置により例外的に相手国又は本邦への入国が認められるものの、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機は維持されるスキームです。 レジデンストラック:マレーシア、ミャンマー ビジネストラック:相手国・地域と調整中です。

( ) また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。 (3)対象者 現時点において想定されている本件試行措置(「ビジネストラック」及び「レジデンストラック」)の対象者は、以下のとおりです。
コロナ 外務 省 コロナ 外務 省

外務省が出す「感染症危険情報」は海外に滞在している日本人や、渡航を予定している日本人に向けて出すもので、新型インフルエンザなど、危険度の高い感染症に関して、渡航や滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国や地域に出す海外安全情報です。 (注1)空港での新型コロナウイルス感染症の検査(入国拒否対象国・地域からの渡航者)、14日間の公共交通機関不使用および自宅等(検疫所長が指定する場所)待機• 本邦帰国・再入国時に必要な書類• (11月30日(開始予定)) (注)シンガポール、韓国及びベトナムとのビジネストラックの手続に関しては、 もご参照ください。

受診される検査機関が当該フォーマットに対応しない場合には、 任意の様式の提出も可としますが、以下の必要情報が欠けている場合には、出入国管理及び難民認定法に基づき、上陸拒否の対象となります。
コロナ 外務 省 コロナ 外務 省

なお、入国時点で日本の公的保険制度(健康保険や国民健康保険など)に加入している場合は、この限りではありません。 特に、地方公共団体や金融機関、商工団体等の皆様が、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を適時適切に把握することで、観光関連施設や生活基盤等の地域資源を維持し、感染症拡大の収束後に地域経済を再活性化させていくための施策の立案、遂行及び改善をするためにお使いいただけます。 (英語版は)• ただし、渡航先において検査証明を取得できない場合は帰国後TeCOT等を活用して検査をし、陰性の結果が得られるまでは自宅等で待機いただきます。

8
対象者は、企業の受入れ責任者に入国後14日間毎日、健康状態の報告を行ってください。 概算要求では21年度中にWTO非公式閣僚会合の日本開催を目指し、デジタル経済のルール作りで議論をリードする方針を掲げた。
コロナ 外務 省 コロナ 外務 省

) (注) 外国人の方は、本件試行措置の利用に当たっては、必ず有効な査証に加えて、検査証明が必要となります(査証発給申請は、。 法務省出入国在留管理庁 出入国管理部 審判課 電話:03-3580-4111(内線4446・4447)• 有効な査証• (5)対象国・地域への入国・入境の際に必要な手続 本件試行措置の対象となる対象国・地域に入国・入境する際には、別途、当該対象国・地域が定める手続をとる必要があります。 ミャンマー (注)ミャンマー政府は、現在、商用旅客航空便の着陸禁止措置をとっており、日本人を含む外国人のミャンマー入国については、ミャンマー政府が手配する在外ミャンマー人の帰国のための救援便等への搭乗が認められた場合にのみ例外的に可能な状況です。

11
健康モニタリングの結果の事前提出は不要です。 さらに、渡航に際して十分注意するよう呼びかける「レベル1」をほかの世界すべての地域に出しています。
コロナ 外務 省 コロナ 外務 省

(注1)検体採取から搭乗予定航空便の出発時刻までの時間 (注2)検査証明の様式は、原則として (9月4日更新)を使用し、各国政府が検査機関を指定したリストを作成している場合には、そこに掲載されている現地医療機関に記入及び署名を求めてください。 日本上陸前14日以内に以下の国・地域に滞在歴のある者 ただし上陸拒否対象地域でない地域から、以下に示す上陸拒否対象地域を給油や乗り継ぎ目的で経由(経由地で入国する場合は除く)した後に本邦に到着する場合は、上陸拒否の対象となりません。

12
【その他必要事項】• 入国後14日間のLINEアプリを通じた健康フォローアップ• 外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション(ビザ申請に関する相談) 電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。
コロナ 外務 省 コロナ 外務 省

詳細については、外務省のホームページをご覧ください。

2
1 世界保健機関(WHO)によると,3月15日現在,新型コロナウイルス感染者は累計で約15万人となっている上,感染者数は世界的な広がりを見せています。